赤十字講習会について

 日本赤十字社福岡県支部久留米市地区では、「人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命に基づき福岡県支部とともに「救急法」「水上安全法」「幼児安全法」及び「健康生活支援講習」の4種類の講習事業の普及啓発に努めています。

 皆様の社資を活用した、「いのちと健康そして尊厳を守る」ための様々な知識と技術の普及を目的とした事業です。みなさまの身近な集まりなどでも可能ですので、ぜひご活用ください。

 

赤十字救急法

 病気やけがや災害から自分自身を守り、けが人や急病人を正しく救助して、医師または救急隊などに引き継ぐまでの救命手当及び応急手当などをお伝えします。

 基礎講習では、手当の基本、人口呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動などを習得できます。

 救急員養成講習では、日常生活における事故防止、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

 また、上記の内容をそれぞれ組み合わせて一部に特化した短期講習なども実施しております。お気軽にご相談いただければ、講習内容について、ご一緒に検討していくこともできます。

 

赤十字水上安全法

 水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識を技術をお伝えします。

 会場は、赤十字会館(宮ノ陣)のプールや小学校のプールなどへ指導員を派遣しております。事前に着衣したままプールに入る許可が必要になります。

 また、児童・生徒を対象に実施する場合には、保護者等へ安全面へのご協力をお願いすることがあります。

 

赤十字幼児安全法

 子どもを社会全体で大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱。けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術をお伝えします。

 さらに、救命蘇生のための日本版ガイドライン2010(注1)に基づき、子どもに最適化した一次救命処置をお伝えします。

 (注1)日本版ガイドライン2010とは、日本救命医療財団と日本蘇生協議会で構成する委員会により、国際的コンセンサスに基づき作成された救命蘇生のためのガイドラインです。

 

赤十字健康生活支援講習

 「高齢者の健康と安全」「地域における高齢者支援」「日常生活における介護」の3つの視点から、健康増進と高齢者に起こりやすい事故の予防・手当、地域における高齢者支援に役立つ基礎的知識・技術、日常生活の自立に向けた具体的な介護の知識を技術をお伝えします。

 (プログラムの例)

主なプログラムタイトル  主なプログラム内容 必要時間
高齢者の健康と安全

・健康な高齢者を目指して

・高齢期の理解

・高齢者に起こりやすい事故の予防と手当、急病への対応

2時間
地域における高齢者支援

・支援活動とは

・支援活動における高齢者の理解

・支援活動にあたって

・ともに楽しいひとときを

・外出、散歩にさそいましょう

・高齢者を支えるネットワーク

2時間
日常生活における介護①

・介護にあたって

・居室の環境

・移動

2時間

ベッド使用

日常生活における介護②

・車イスでの移動

・食事

・排泄

2時間
日常生活における介護③

・着替え

・清潔

2時間
日常生活における介護④

・認知症高齢者への対応

・床ずれ(褥瘡)について

・在宅での見取りの要件

・癒しのハンドケア

・看護者の健康管理

2時間
学科検定 希望者のみ 1時間

 プログラムについては、組み合わせて一部を受講することもできます。

 また、災害時に被災地へ派遣した職員の体験を活用した「災害時高齢者生活支援」や「地域で考える災害時の備え」などのプログラムも実施可能です。

 お気軽にご相談ください。

 

 なお、日本赤十字社福岡県支部のリンクはこちらから


このページについてのお問い合わせ

生活支援課(電話:0942-34-3035)