献血について

献血のスケジュールは別に準備しております。こちらのリンク先をご確認ください。

 

 

献血とは、病気や怪我で輸血を必要としている患者さんのために、健康な人が血液を提供するボランティアです。
血液は、酸素を運ぶ、病原菌とたたかう、出血を止めるといった生命の維持に欠かせない役割を担っています。しかし、現在、血液の機能を完全に代替できる手段が存在しません。また、血液は生きた細胞で、長い期間にわたって保存することもできません。
輸血に使われる血液は、みなさまの善意の献血により支えられています。

 

献血推進協議会

血液を必要としている人たちの『命』を救うために献血推進協議会は各地区の献血推進委員会及びライオンズクラブ、市内の学校や企業、団体と共催し、赤十字血液センターと連携をとりながら献血の推進について取り組んでいます。
また、久留米市社協広報紙『くるめ福祉』やポスター、広報車による啓発活動にも努めています。

献血は、国民の生命と健康を守るという重要な役割を担い、身近にできるボランティア活動として皆様にご協力を呼びかけています。

 

対象者

男性17歳から69歳まで
女性18歳から69歳まで
※65歳以上で献血を希望される人は、60歳以降に献血を経験された方に限ります。
体重 50kg 以上の方

 

※献血をご遠慮いただく場合
以下の事項に該当する方には、献血をご遠慮いただいています。

  • 特定の病気にかかったことのある方
  • 服薬中、妊娠中・授乳中、発熱等の方
  • エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方
  • 輸血歴・臓器移植歴のある方
  • 6ヵ月以内にピアスの穴をあけた方
  • 6ヵ月以内にいれずみを入れた方
  • 一定期間内に予防接種を受けた方
  • 出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)をした方
  • 海外旅行者及び海外で生活した方
  • クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる方

 


このページについてのお問い合わせ

生活支援課(電話:0942-34-3035)